田舎の交通は不便!車社会で老後が心配【恐怖の体験談も公開】

家族

都会から田舎に嫁いで驚いたのは、どこに行くにも自家用車で行くということです。都会やJR・地下鉄・私鉄・バス・モノレールなど移動手段が豊富で、人によりますが、私は車で出かけるイメージを持っていません。

この記事では、都会から田舎に嫁いで電車移動していた時の恐怖体験も公開しています。これから田舎に嫁ぐあなた!ぜひ、参考にしてください。

田舎は電車やバスの本数が致命的に少ない

バス

都会の地下鉄はおそらく3分に1本はあるんじゃないかと思うほど、本数が多いです。1本乗り遅れてもホームを歩いている間に次の電車が来ます。それでもすぐに電車に乗りたいばかりに階段を駆け降りていたため、田舎出身の友達からは笑われていました。

そんな生活をしていた私が田舎に嫁いだ当時は、交通があまりにも不便で、まるで行動範囲が制限されているような気持ちになったものです。ちょっと街中に出ようと思っても電車は20分に1本。そのくらいならまだしも、ひどい時は1時間後しか来ないなんてこともあります。

バスはもっと来ません。しかも路線が結構ロングなので、時間通りに来ないんです。店も自販機もベンチもないような場所で30分以上バスを待つなんて、これ以上心細いことはありません。

バス待ちで並ばないのは常識?私が変?

駅

私が住んでいる地域はバスを待つ時並びません。嫁いですぐの頃、バス停の様子を見て「私、ここでは生きていけない」と思ったくらい、バラバラに乗り込み、しかも割り込みや抜かして乗るのは当たり前なんです。

最近になってテレビで見たんですけど、どうも一つのバス停にたくさんのバスが停まるので並べないというのが事情のようですが、それにしてもマナーが悪すぎます。羽田でディズニー行きのバスに乗る時のように路線ごと列に並べないもんですかね。

電車の座席の使い方が非常識

バッグ

都会では考えられませんが、電車の座席に座って自分の隣に荷物をドカンと置く人がものすごく多いです。あと、隣との間隔を詰めないので6人くらい座れる座席も4〜5人しか座れません。一度、そんな状態に構わず間に割り込んで座ったことがあるんですが、若い女性にものすごい目で睨まれました。

「いや、私が悪いんかい!」ってなりましたけど、田舎ではこれが常識なんでしょう。そして、嫌な気分にさせられるのが、『荷物を隣に置く族』の皆さんの存在です。老若男女問わず大きな荷物を座席に置いてます。前に誰かが立っても知らん顔です。何とかならないんでしょうか。

こちらの記事もどうぞ↓

田舎の人は性格が悪い!陰湿で愛想悪く常識がないの三重苦
都会から田舎に嫁いで、田舎の人が優しいという話は妄想だったと気づきました。私と同じような思いをしている人は多いはずです。この記事では、私の体験談を踏まえて、田舎の人がいかに性格が悪く、陰湿なものかを紹介します。 田舎の人は性格が悪い ...

ロマンスシートの電車が横行

混雑

ロマンスシートってわかりますか?4人が向かい合って座るアレです。私の認識では、あれは特急とか新快速(出身がバレますね)で使用されるもので、普通・準急・快速なんかは車内に並行してズラーっと横並びに座る座席が使用されると思ってました。

私が住んでいる田舎では、常にロマンスシートです。座席が占領するスペースが広くなるので、立っている人がドア近辺に固まり、降りづらい乗りづらいという状態になります。当然、乗車に時間がかかるので、電車は2〜3分ずつ遅れて行きます。で、次に乗り換えがある場合は乗り遅れます。これって当たり前なの?

【体験談】無人駅の恐怖

田舎

田舎に嫁いですぐの頃、電車の路線が分岐していることに気づかず、乗り続けた挙句まったく知らない駅で飛び降りた経験があります。すでに夜で、これはいかん!と駅員さんを求めて改札口に行くと、まさかの無人駅。スマホもない時代だったので、めちゃくちゃ不安でした。

周りは真っ暗。駅の後ろは山があるみたいで、でも全容は見えません。電車は来ないし、犬の遠吠えは聞こえるしで駅で1人で泣いてました。しばらくして電車は来ましたが、後で調べたらどうやら終電だったようです。時間は19時台でしたけどね…。

今でもその駅の名前を聞くと鳥肌が立ちます。

田舎における電車と車の存在価値の違い

車

電車と車とではどちらがステータスが高いと思いますか?もちろん、車だと思います。これは都会人であろうと田舎人であろうと変わりないですよね。でも、田舎の場合、車の存在価値って都会人のそれとはかなり異なります。

ここでは、そんな田舎での車の存在価値と意識のギャップを紹介します。

電車移動する人は貧しいの?

車

田舎は公共交通機関が充実していないので、当然移動は車です。車がないとどこにも行けないって人も結構います。田舎人にとって車は生活必需品なんですね。幼少期から車に乗り付けているので、電車移動を見下している小学生も少なくありません。

私が出会ったその女の子は自宅から離れた私立小学校に通っていたので、私が「学校へは電車で行ってるの?」と聞くと「え?車だけど?電車とか乗らないよ?」と、ものすごく変な質問をされたように答えてくれました。

そしてその女の子が質問してきたのが「ねぇ、もしかして電車でお出かけしてるの?」でした。この子は将来、おそらく大都会に行った時に電車って便利だなって実感するんでしょうね。

近所のスーパーに行くにも車ってどうなの?

スーパーマーケット

近所のママ友は歩いて2分のスーパーにも車で行きます。荷物が多い場合は理解できますが、ちょっと買い忘れたものを買うためにも車です。「いや、歩けや」って思いますけど、もうこうなったら車は身体の一部ですね。

田舎は駐車場も安いし土地もあるし、車をたくさん所持すればいいですけど、環境的にはどうなんでしょうね。

高齢者の交通事故が急増中!田舎人の老後はどうなるの?

車

高齢者の交通事故はめちゃくちゃ増えてますよね。事故のニュースを聞くと、高齢者によるブレーキの踏み間違えとか、前方不注意とか本当に多いです。免許証の返納を推奨していますけど、田舎の交通事情がこれだけ不便だと、なかなか車を手放せない人も多いのではないでしょうか。

乗合バスとか乗合タクシーもありますけど、時間の制限はつきものです。もっと自由に出かけたいと思ったら、どうしても車に頼るしかありません。田舎暮らしを続ける以上、私も他人事ではないんですよね。夫もいつまで運転できるか不安でしょうし、できれば交通の便がもう少しいいところに引っ越したいところです。

まとめ

電車でもバスでも乗り慣れているからこそ、さまざまなマナーが身に付きます。普段人が少ない状態に慣れていると、公共の場でも自分勝手な使い方をしたり、周りの様子が見えていなかったりするものです。

田舎はのびのびとできていいと思っている人も多いですが、田舎に住んでいるのは根っからの田舎人だけではありません。もうちょっとマナーを考えてもらえるとありがたいです。

 

 

コメント