50代既婚女性の恋愛事情は?不倫体験談を公開!

恋愛 恋愛

50代の既婚女性というと、バブルを知っているか知っていないかのギリギリの世代です。贅沢な恋愛を経験してきた方やトレンドに敏感な方も多いはず。そんな女性たちが子育ても終わって、夫の関係も落ち着き払っている今、一番のめり込みたいのが恋愛のはずです。

結婚しているので、これから始める恋愛は不倫になっちゃいますが、叶わない恋と思うと余計に燃え上がるのではないでしょうか。あなたも恋愛に興味持ってたり、不倫してみたいなんて思ってませんか?

そこでこの記事では、50代既婚女性の恋愛事情についていろいろ深掘りしちゃいます。生々しい不倫体験談も公開しますので、最後まで読んでくださいね!

え?誰の不倫体験談かって?
・・・それは秘密です(笑)

スポンサーリンク

50代は既婚女性は最も恋愛願望が強い?

恋愛

50代女性というとバブル絶頂期を生き、華やかな恋愛を経験した方が多いのではないでしょうか。高級レストランや高級ホテルでデートを楽しみ、ハイブランドのプレゼントを山のようにもらっていた方も多いはず。男性がすべての代金を支払い、女性はひたすら着飾っていればよかった時代です。

そんな時代を経験した女性ですから、子育てが終わり主婦としての役割が一段落すると、恋愛したい気持ちがフツフツと湧き上がるのも仕方のないことなのかもしれません。だって、最近の50代女性はまだまだ若いですよね。ちょっと頑張れば20代の男性と付き合うのも可能です。

あのバブル時代の恋愛をもう一度!という気持ちが強く、恋愛体質をぶり返す方も少なくないはずです。というわけで、50代女性に恋愛願望が強い方が多いのです。

50代既婚女性が恋愛に走る理由とは?

恋愛

50代の既婚女性が恋愛に走る理由はさまざまです。あなたにも思い当たる節があるのではないでしょうか。ここでは、50代既婚女性が恋愛に走る理由をご紹介します。

子育てが終わった

子育て

結婚してから今日まで子育てに奮闘してきたのに、子どもたちが巣立ってしまうと急に寂しくなってしまう方は少なくありません。1人の時間が増えて、何をすればいいのか分からなくなってしまう方も多いはずです。

習い事をしてみたり、友達とランチやお茶する時間を増やしてみたりしてもなんとなく物足りないと思った時に、ふとよぎるのが昔の華やかな恋愛経験。暇を持て余して、不倫専門のマッチングアプリに手を出してしまった!なんてケースが目立ちます。

夫との夫婦生活がゼロ

夫婦生活

50代の実に7割が夫婦生活がないと言われているのをご存知ですか?夫婦生活と言ってもセックスだけを言うのではなく、手を繋ぐ・髪を撫でる・キスをする・肌を寄せ合って眠るなどの行為も含まれます。

50代の女性というと更年期を迎えて、体調もすぐれないためにセックスどころはない方も多いのですが、それにしても何も触れ合いがないのは寂しいものです。周りに同棲代なのに夫婦生活が充実している人がいるとなおさら焦ってしまうのも無理ないのかもしれませんね。

介護の疲れ

介護

子育てが終わったら両親の介護でがんじがらめになっている方もいるでしょう。両親の食事の支度や身の回りの世話をしていると、こっちまで若さを吸い取られるような気がして、たまらなくなるはずです。夫は仕事で忙しいため、相談にも乗ってくれないとなると心の拠り所が欲しくなる方も多いのではないでしょうか。

そんな時に、ふと知り合った素敵な男性に優しくされたら…。つい、現実逃避のように恋愛に走ってしまうかもしれません。

配偶者のDVやモラハラ

男性

若い時から夫のDVやモラハラに耐えてきた女性も、50代になって我慢の限界を迎える人もいるかもしれません。これまでは子どものために自制してきたけれど、子どもがひとり立ちすれば自由です。家庭を省みることなど忘れて恋愛に走る方もいるでしょう。

これまで散々コケ降ろされた分、よその優しい男性に溺れてしまうのは仕方ないことです。

人生最後の恋愛という言葉の響きに憧れている

憧れ

女性が綺麗でいられる時間はそんなに長くなかった昔と違い、今は50代でも美魔女と言わしめるほど美しい人が多い時代です。そんな美貌を持て余して、人生最後の恋愛がしたいと思っている方はたくさんいるはずです。

女性は50代からでも磨けば輝きます。そして輝くためには、男性との恋愛というエッセンスが必要です。

スポンサーリンク

不倫に走りやすい50代既婚女性の特徴とは?

恋愛

すべての50代既婚女性が子育てや介護から逃れて、不倫に走るわけではありません。そうなってしまうには、いくつかの要素があり、もしかしたらあなたも当てはまるかも?ここでは、不倫に走りやすい50代既婚女性の特徴について紹介します。

好奇心が旺盛

好奇心

興味が常に家庭から外に向いている方、何歳になっても男女問わず出会いたいと思っている方はちょっとしたきっかけで恋愛対象と出会ってしまうものです。そりゃそうですよね。変化を望まず、静かに生活したいと思っているなら、目線は常に家庭内です。

習い事がしたいとか、旅行に行きたいとかそんな方の方が恋愛体質なのかもしれません。

優柔不断

迷い

誘われたら断れない人っていますよね。同窓会やなんらかの飲み会に出席して、誘われるままセックスしてしまったなんてこともあるでしょう。それがきっかけで、ズルズルと不倫関係を続けてしまい、後戻りできないところまで行ってしまうのは優柔不断な性格のためです。

1人でいる時間が嫌い

孤独

夫はいつも仕事で帰りが遅かったり、出張がちだったりすると羽を伸ばす主婦って多いですよね。ショッピングや趣味に走れば問題はないのですが、人肌寂しくなるタイプは不倫体質です。きっと若い時から彼氏が途絶えることがないタイプもこれに当てはまるかもしれません。

元彼との思い出の品が捨てられない

断捨離

元彼との思い出の品をいつまでも持っていませんか?時々取り出しては眺めている方は不倫する素質たっぷりです。そういう行動は、つまり昔の恋愛を思い出し、あの頃の自分に帰りたいと思っている気持ちを表しています。そんな人が街中でばったり元彼と再会してしまったら?焼け木杭に火がつくとはまさにこのことですね。

友達が多い

友達

友達が多ければ、それだけ出会いも多いということです。友達の中に恋愛対象がいなくても、そのまた友達と出会うチャンスがゴロゴロしています。飲み会やカラオケ大会などお誘いも多くて、夫も特に止めないとなると、不倫してもいいよって言われているようなもんですよね。

50代既婚女性が不倫に走るきっかけは何?

恋愛

不倫をするには必ず出会いの場があります。不倫をしたいと思ってそんな場所に踏み込む方もいれば、偶然踏み込んだしまう方もいらっしゃいます。不倫相手との出会いは、パーティのような華やかな場所で出会いません。常に生活の中に出会いが転がっています。ここでは、50代既婚女性が不倫に走ってしまったきっかけを紹介します。

同窓会

パーティ

同窓会の場は不倫製造所と言われるほど(?)男女の出会いの場の定番です。昔から大好きだった人との再会はもちろん、そんなに気にしてなかった男性でも現在のステータスを知ると好きになってしまったりするかもしれません。

とにかく同窓会は地雷がたくさん落ちています。そのつもりがないなら気持ちをしっかり持って出席すべきですし、そうでないなら自分を解き放つには最良の場所でしょう。

習い事

習い事

同じ趣味を持った男女が集まると話題に事欠きません。来週の予定をラインで知らせ合うなんてことも、習い事を盾に平気で行われます。最初はグループラインだったのに、途中から個人ラインに移行して、そこからは不倫一直線です。

夫が興味を示さない趣味なのに、同じ男性なのにこんなに話が合う!なんて感動ものですよね。

ネットやゲーム

ネットゲーム

家庭から出なくても出会いの場はあります。マッチングアプリはもちろん、Twitterやインスタグラム、フェイスブックなど、これら全部出会いを男女の推奨しているようなもんです。ちょっと前ならチャットルームなんてものがあったんですよ。(←私コレです)

オンラインゲームも男女の出会いの場として定番化されています。ネットで検索すると出会えるオンラインゲーム〇〇選、なんてサイトもたくさんあるんですよ。

職場

会社

言うに及ばずですが、職場ももちろん出会いの場です。会社の同僚とか後輩とか取引先の営業マンとか不倫相手候補はいくらでもいます。仕事を言い訳に帰りが遅くなったり、旅行に行ったりするのは男性に限ったことではありません。

50代既婚女性が不倫をしている割合は?

データ

出会える場所やきっかけなどを見ても、もしかしたら思った以上に不倫をしている50代既婚女性っているのでは?と思っていませんか?不倫をしている可能性のある方の割合は、15%です。これはとあるコンドーム会社の調査によるもので、信憑性ありますね。

多いと思うか少ないと思うかは人によりますが、私は結構多いなと感じました。周りに10人女友達がいれば、1人くらいは不倫しているかも?ってことになります。よく観察してみると服装やメイクが派手だったり、しょっちゅうお出かけしてたりする人は、案外不倫しているかもしれませんよ?

不倫は他人事じゃない!

実は私も不倫経験者です。出会いは、チャットルームなので、ちょっと時代感じてしまいますよね。結局別れるまで10年かかりました。お互い依存してしまったんでしょうね。

まとめ

50代で不倫しているを経験している主婦は結構多いのかもしれません。身の回りにもきっと1人や2人はいるはずです。もしかしたら、これを読んでいるあなたは不倫真っ最中なのでは?この記事の中に思い当たる節や共感できる部分があれば幸いです。

 

コメント