男性の一人暮らしで寂しい!ぬいぐるみを部屋に置いている男ってどう思う?

自分愛

どうも、mietyです。

一人暮らしを始めて、解放感でいっぱいだったのが、だんだん孤独感に襲われてしまうなんてことは良くあることですよね。

自由にはもれなく孤独が付いてくる・・・という感じでしょうか。

男性だって寂しいと思うのは同じですよね。

寂しいと感じる時、何に頼りますか?

テレビ?

友達?

彼女?

意外にも「ぬいぐるみ」もランキング入りするって知ってましたか?

「ぬいぐるみ」が欲しいと思っている男性は、実はあなただけじゃないんです。

今回は、男性も寂しさを紛らわすのに「ぬいぐるみ」が欲しいと思っている実態をお伝えします。

スポンサーリンク

男性がぬいぐるみを部屋に置いていると引く?

彼女がいる、いないに関わらず、男性も部屋にぬいぐるみを置いているという人はいるもんなんですね。

なんと、その数4割です。

4割の男性がぬいぐるみを持っているという結果が出ているんですね〜。

ぬいぐるみを抱いて眠っているなんて、ちょっと胸キュンな結果ですけど、持っている男性は「女性が見たら引くのでは?」と心配している人も多いようです。

もし彼氏の部屋に行って、ベッドにぬいぐるみが置いてあったとして「げっ!引くわ〜」という女性は少ないと思いますよ。

むしろ「おっぬいぐるみ!嬉しい〜〜」と抱きつくのでは?

彼女だったら、自分のためにぬいぐるみを置いてくれてる!なんて思うかもしれませんね。

女性よりも男性の方が物に執着する?

小さい時から持っているものってありますか?

例えばタオルだったり、毛布だったり・・・

ず〜〜っと持ち続けているために、もうすでに原型をとどめていないのにまだ捨てられないってことあると思うんですが、そういうのって女性よりも男性の方が多いように思いますね。

収集癖が強いのも男性だし(偏見ですかね)、物に執着するのは女性よりも男性の方が多いですよね。

子育てしてるとわかるんですが、娘よりも息子の方が収集癖があるし、小さい頃から絶対に放さないものがあります。

男性の一人暮らし、どんな時に寂しいと感じる?

男性が一人暮らしをしていて寂しいと感じる時ってどんな時なんでしょうか。

✓風邪を引いた時

✓友達が遊びに来てて帰った後

✓職場や学校で嫌なことがあった時

✓誕生日

などです。

男性に限らず・・・ですけどね。

女性も男性もないということです。

昭和じゃなくてよかったね!と言えること

昭和って何かと女子は女子らしく、男子は男子らしくと言われた時代でした。

例えば、寂しく感じる時ですが、男性が「風邪を引いた」くらいで寂しいなんて言うな!とやたら言われたいた時代ですよ。

それって無茶苦茶な注文ですよね。

人間なんですから、寂しいとか誰かに甘えたいとか普通の感情なんですけど、それが男性だからって許されない時代もあったんです。

「ぬいぐるみ」なんてワードは男性の世界にはなかったものです。

今の20代くらいの人たちの親世代はちょうど「男らしく」「女らしく」の時代に育った世代です。

アニメ見て、ゲームするなんて邪道と思っている親も結構いるのではないでしょうか。

男はスポーツをしておけばいい!そんな時代でしたね。

実は昭和から男女問わずいろんな嗜好があった

ぬいぐるみが好きな男性をどうのこうの言う前に、昭和時代にはオヤジギャルと言う強烈な女性たちが君臨していました。

女性なのにオヤジっぽい嗜好の人がたくさんいたんですよ。

その頃は、女性ばかりフォーカスされていて男性はあまり話題にはならなかったのですが、実は女性っぽい趣味嗜好の人たちってたくさんいたはずです。

女性に関しては寛大だったけど、男性の女性的な嗜好には厳しかった時代でしたね。

今でこそ、女装している男性を街で見かけてもそれほど驚きませんが、昭和時代には大騒ぎでした。

これから「令和」と言う新しい時代になって、性別にとらわれた嗜好で生きなくちゃいけないと言う理由は全くなくなりました。

就職時のエントリーシートにも、性別は「男」と「女」しかないなんてこともなくなったわけですからね!

部屋にぬいぐるみがあって、「引くわ〜」と言う人こそ「引くわ〜」と言われる対象になっているんです。

男性が寂しい時に欲しくなるもの

男性が寂しい時に欲しいと思うものとは?

✓テレビ

✓ぬいぐるみ

✓彼女

生きているのは「彼女」くらいですね。

「友達」じゃないんだ〜と言うのが感想ですが、男性にとって「友達」はマストで、それ以外で欲しいものってなったんだと思いますけどね。

ぬいぐるみが欲しいと言うのは、それほど「引かれるかも?」という要素ではなさそうです。

ぬいぐるみ好きは日本人男性だけじゃない

イギリス人の35%の人はテディベアと一緒に寝ていると言う調査結果があります。

ホテルでの忘れ物のテディベアの持ち主は、そのほとんどが子供ではなかったのだとか。

もちろん男女問わずの数なんですが、この中には間違いなく男性の数も含まれています。

テディベアと言うところがイギリスらしいですが、日本もやっぱりクマのぬいぐるみは人気がありますよね。

羽入結弦君もプーさんが大好きじゃあないですか!

女性に大人気のあの羽生結弦君も肌身離さずくまのプーさんを持ち歩いていますよね。

プーさんのティシュケースカバーはあまりにも有名だし、スケーティングが終わってからのプーさんの嵐もすでに羽生結弦君の代名詞になってます。

彼にプーさん好きは、世のぬいぐるみ大好き男性の背中を押してくれるものです。

別にプーさん抱いていてもなんの違和感もないですよね。

彼も立派な男性なんですから、あなたと同じく「引かれるかな?」なんて思うこともあったりして?

そう思うと親しみが湧きますね。

まとめ

羽生結弦君ってフィギュアスケーターで美しいし、別にくまのプーさんを抱いていても結局は彼自身が素敵だから引かれないんじゃないの?なんて思ってますか?

今の世の中には「ギャップ萌え」と言う言葉もあるくらいです。

あなたが羽生結弦君みたいにスレンダーでか細いイメージの男性でなくて、ゴリゴリのムキムキでも「ギャップ萌え」する人はごまんといるわけです。

それだけ、個人の好みに寛大な世の中になっているんですよね。

ただ、清潔感はどんな時代でも大事です。

ぬいぐるみはダニの温床になりがちなので、こまめにお手入れする必要がありますよ。

「あなたの部屋、なんだか痒い」と、言われないようにしてくださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

自分愛
スポンサーリンク
mietyをフォローする
マイナスからの大逆転ブログ

コメント