入院の時に役に立ったグッズを一挙公開!先輩ママたちのリアルな声をまとめました!

自分愛

もうすぐ出産なので入院準備をしています。病院から言われているもの以外に準備した方がいいものってありますか?「準備しといてよかった!」と思ったものを教えて!

そんな疑問にお答えします!

スポンサーリンク

出産経験のある先輩ママのリアルな声を一挙公開!

出産で入院する時には、準備するものを病院から伝えられますが、実は「あって良かった!」と思えるグッズがたくさんあります。

これから入院準備をする方は、ぜひ参考にしてください。

ストローで飲めるペットボトルのキャップ

出産時は水分が不足するけど、陣痛中はコップやペットボトルそのままではこぼしてしまいそうなのでストローなら横に置いておけば自力で飲めます。
産後も起き上がれない時に枕元から飲めるので便利です。
私の場合、出産前に切迫早産で入院してしまい動かないように言われていたのでその時も最低限の動きで飲めるストローは大変便利でした。早めに準備しておいてよかったと思いました。

>>>>ストロー付きペットボトルキャップを見てみる<<<<

ストローが便利というママは他にもたくさん!

陣痛がきたらとにかく痛い。体を丸めてただひたすら陣痛が収まるのを待知ます。

その陣痛のときのエネルギーはものすごく力がいるので必ずといってもいいぐらい喉が乾きます。

でも身体を起こしてペットボトルを持つ気力も出ません。

そこで寝たまま飲めるストローは最高です。たかがストロー。されどストローです。

ストローに関しては他にもこんな意見が…

私が持って行って本当に良かったと思ったのは「ストロー付きタンブラー」です。

100円ショップにあるものや子供が使うキャラクターが描かれているプラスチック製の軽いもので、フタがしっかりと閉められ市販のストローが使えたら十分です。

人によっては分娩台にあがる前の陣痛が長い方もいます。

私も1~2時間ほど陣痛で唸っていましたが、水分が欲しいときにペットボトルを渡されても痛いし動けないしでうまく飲めません。

そこでタンブラーに水を入れてもらってストローを口まで持ってきてもらい飲んでいました。

これは本当に助かりました。

そして、出産後の病室でも大活躍しました。赤ちゃんに慣れない母乳を慎重に飲ませているときは怖くて動き回ることもできません。まさに地蔵のように固まっていました。

ですが吸われていると自分も水分が欲しくなります。マグカップなどは重いし手を滑らせてこぼす可能性もある、ペットボトルもフタをひねって開けなければいけない。だけどストロー付きのタンブラーならすぐに飲めるし万が一ベットに落としても大惨事にはならないです。

安い数個セットのものを持っていけば毎日取り替えればいいので洗う手間も省けます。これから出産する方、ぜひ参考にしてみてください。

やっぱりストローは重宝するグッズ!こんなアドバイスも!

陣痛の時は痛みや少し吐き気も伴うので、思うように食事を取ることができません。

しかし、汗はしっかりとかくので喉は乾きます。なかなか力も入りにくいのでコップやペットボトルをそのまま持って水分を取るのは難しいです。

そんな時に簡単にペットボトルに差し込み吸うだけで水分を取ることがでにるストローはとても役に立ちました。

陣痛を逃す時に重宝した硬式用のテニスボール!

出産入院にあたり何か持っていた方が良いものがあればと私も先輩ママからおすすめされたものです。

陣痛が始まり出すといきみたくなってしまうのですが、骨盤が開くまでにはだいぶ時間がかかるため、そのいきみを逃さないといけないのです。

いきみ逃しの時に役立つのがテニスボールです。肛門のあたりや腰のあたりをボールで押すといきみたくなるのが落ち着く気がしました。

>>>>硬式テニスボールを見てみる<<<<

真夏でも冬でもホッカイロ

意外かもしれませんが、私の出産入院にはホッカイロが欠かせませんでした。

何に使ったかと言うと本陣痛で最も痛みが酷かった時に背中の骨盤あたりに貼ると良いと助産師さんにアドバイスされたので貼っていました。

本陣痛の痛みは壮絶でしたが温める事で少し気が休まります。

また、陣痛時でなくても真冬時はもちろん、真夏の冷房で入院の部屋の温度が寒すぎる時にも使えます。

>>>>充電式のカイロを見てみる<<<<

眠れない時に備えて「蒸気でホットアイマスク」が便利

入院中は赤ちゃんのお世話などでなかなか眠れないこともあります。

少しの休憩時間にリラックスするために蒸気でホットアイマスクを持って行きました。

目の周りがじんわりと温かくなるので気持ちがよく、いいリフレッシュになりました。

>>>>「蒸気でアイマスク」を見てみる<<<<

抱き枕があると体勢が楽!

出産する病院には、ほとんどの必要なものがあるので、今はあまり何か特別持ち込む必要のあるものはないと思いますが、中でも私が持っていって良かったのは抱き枕です。

しがみつくのも自分の抱き枕だと安心できますし、リラックスするためにも足の方向などを変えるためにも1つあると、とても便利です。

>>>>「抱き枕」を見てみる<<<<

産後に便利!ドーナツ型円座クッション

出産後は会陰切開をするため、縫い合わせた場所がとても痛いです。

そのため、クッションなしで座ると痛くてたまりません。

そんなときにドーナツ型の円座クッションがあると傷口があたる心配がないので、痛みを伴うことなく座ることができました。

>>>>「円座クッション」を見てみる<<<<

母乳パッドは多めに用意が吉!

産んでみるまで出るか出ないかわからない母乳ですが、出やすい人にとって母乳パッドは必需品です。
私の場合、授乳が終わったらすぐにパッドを当てないと母乳が垂れてきてしまうときもありました。
病院でいただく入院セットの中にも母乳パッドはありましたが全然足りず、自分で用意していた母乳パッドも使いきるギリギリでした。

>>>>「母乳パッド」を見てみる<<<<

支給品の産褥パッドだけでは不安、持参して良かった!

産後、悪露が多めだったこともあり、産院から支給された産褥パッドだけでは足りませんでした。

そこで念のために持参していた産褥パッドが大活躍。夜用ナプキンなどでもいいと思いますが、やはり生理用品と出産の専門用品では吸収力が全然違います。


産院の自動販売機でも産褥パッドを買えますが、枚数が少ないので赤ちゃんを気にしつつ何度も買いに行くのは大変ですし、割高なので持参する事をおすすめします。


余ったら夜用ナプキンの代わりになるので、無駄になることはないかと思います。

>>>>「産褥パッド」を見てみる<<<<

色んなサイズのタオルを用意しておくと便利

入院中はなかなか洗濯ができないので色んなサイズのタオルを用意しておくと便利です。

思いがけない用途でタオルを使うことがあります。まずは母乳が止まらないときです。出産後はまだ赤ちゃんが母乳をそこまで飲めないので、作られた母乳がどんどん溢れでてきます。

母乳パットでは間に合わない量なのでタオルを巻いて寝ました。

また赤ちゃんが母乳を吐き出すこともよくあったのでベッドにタオルをしいておくと安心です。

またお風呂に入れないときは、タオルを濡らして身体をふくとすっきりします。

>>>>タオルセットを見てみる<<<<

S字になっているフック

入院中はベッドで横になっている時間も長く、思うように体が動かないことも多いです。

そのためベッドやサイドテーブルに荷物をかけておけるS字フックがあると、いちいち立ったり座ったりしなくてすむので便利です。

>>>>S字フックを見てみる<<<<

スリッパはかかとのないものが良い!

スリッパを持参するように言われるところがあると思います。

産後は会陰切開や産後の痛みで股関節周囲がかなり痛いです。

そこでクロックスのようなかかとのあるもので生活すると、その度に足を少し上げる動作が必要で正直痛いです。

かかとのないスリッパを履いて会陰周辺のストレスを減らすと良いと思います。

ホテルでもらえるアメニティは取っておいて!

ホテルのアメニティグッズはとても役に立ちました。

特に剃刀やブラシなど使い捨てできるものはとても便利です。

剃刀は意外と助産師さんや看護師さん等と触れる機会が多いので無駄毛処理のエチケットは結構大切だと感じました。

まとめ

産院での入院経験があるママだからこそのアドバイスです。

この中でピン!とくるものがあれば、ぜひ準備品の中に入れてみてください。

また、これらのアドバイスをもとに、いろいろ工夫するのもいいですよね!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

自分愛
スポンサーリンク
mietyをフォローする
マイナスからの大逆転ブログ

コメント