初節句の兜や五月人形のお下がりはダメ?お下がりは守ってくれない?

家族愛

どうも、mietyです。

初節句を迎えるにあたって兜や五月人形の購入を考えますよね?

でも、高価な兜や五月人形の購入って絶対にしないとダメなの?って思いませんか?

実家に帰れば兄弟や、旦那様の立派な兜や五月人形があるのに、それをそのままお下がりとしていただけないのかな〜なんてふと頭をよぎります。

とっても合理的で経済的なので良い考えではあるんですが、お祝い事なので子どもに良くないことが起きたら嫌ですよね。

そこで、今回は初節句の兜や五月人形のお下がり問題についてお伝えします。

スポンサーリンク

初節句の兜や五月人形のお下がりはダメ?

ズバリ!お下がりはNGですね。

理由は、やはり兜や五月人形というのは一人一人を守る意味で飾るので、お下がりでもらおうと思っているその兜や五月人形というのはすでに守った役目を終えたものなんです。

だから、あなたのお子さんを守ることはできないということなんですね。

もっと言うと、守ってきた子どもの厄をその兜や五月人形が一身に受けているので、それをお下がりにもらうと言うことは、つまりその厄も一緒にもらってしまうんです。

それはちょっと嫌ですよね。

ま〜、そんなもの迷信だし、もしかしたら何も悩まずにお下がりでもらっている人もたくさんいるのかもしれませんけど、一度そういう言い伝えを知ってしまったらやはり気になりますよね。

成長を願いお祝いなので、兜や五月人形を購入するならば新品を用意してあげましょう。

節句のお人形はお嫁さんの実家が買うという認識が広まっていて、良い点と悪い点がありますよね。

良い点は、実の母親だったらサイズやデザインなどをリクエストしやすいというところ。

悪い点は、ちょっとサイズが小さかったり義母の好みでないと、人によっては毎年チクチクやられるかもしれないということ。

子どもの幸せを祈ることが原点ですが、大人の攻防戦は避けられませんね。

兜や五月人形の保管は人形屋さんと相談可能なところも

考えてみると、毎年兜や五月人形を飾るとして、毎年借りに行くのも面倒ですよね。

黙って出してくれたらいいけど、いろいろ嫌味を言われることを考えたら自分の家で保管したほうがよさそうです。

ここに文章お子さんのための兜を買って、収納するときには購入したお店で倉庫を持っている時があるので聞いてみるのもいいかもしれませんね。

レンタルスペースなどを利用してかさばるものと一緒に保管してもいいでしょう。

ただ、湿度や防虫には気をつけないといけませんね。

その点、お人形屋さんがそんなスペースを持っていたら安心です。

購入先で相談してみてくださいね。

兜や日本人形が怖い!キャラクター物でも大丈夫?

お人形が怖いと感じていませんか?

日本人形を家に飾るのは怖いし、ましてやクローゼットや物置の奥にしまっていると考えるだけでもゾッとするという人は意外と多いものです。

あなたはどうですか?

で、ついつい可愛いキャラクターものの兜や五月人形を選んでしまいがちではありませんか?

あれ、あまりオススメしません。

本当に好きなキャラクターで自分用に買うのであればいいと思うのですが、お子さんに買ってあげるのはちょっと可哀想かも。

お子さんが大きくなったときに、親のセンスを疑う〜と言われてもショックですよね。

決して悪くはないのですが、やはり伝統的なお祝いなので、まずは専門店で伝統的なデザインのものを見てから購入を決めましょう。

子どもは親の趣味嗜好に添いがちですが、しっかりと自分の意思を持った高校生くらいになると自分の兜がキャラクターものだと知ったらどうでしょうね?

「きゃ〜嬉しい!」

となるためには、それなりの教育をしておかなければなりませんよ?

教育というと洗脳ですかね・・・・。

キャラクターものだとおもちゃに格下げされることも十分考えられます。

子どもって、節句のお人形は触っちゃダメって思っているからこそ触らないけど、キャラクターものだと敷居が低くなっておもちゃにしてしまう懸念があります。

節句のお祝いが重みのあるものになるように、老舗のお人形を購入するようにしましょう。

兜や五月人形はいつ処分する?

節句のお人形は子どもの成長をお祈りするためのもの。

昔は子どもが小さいうちに命を落とすことが多かったことから、ちゃんと大人に成長できるようにと願いを込めてお人形を飾りました。

今は、昔よりはずっと多くの子どもたちが大人になります。

幸せな時代ですよね。

七五三と同じ年齢までは節句のお祝いをするというのがしきたりですが、今は親それぞれの考えで成人するまでは飾るという人も多いようです。

その頃には、兜や五月人形、そしてお雛様もその役目を終えているわけですね。

「ありがとうございました」の気持ちを込めて、しっかりと神社やお寺の人形供養に出すのが正しい処分の仕方です。

そのお人形が成長を守ってくれていたかどうかはわかりませんが、親や祖父母が願いを込めたのには違いないです。

処分するというと聞こえは悪いですが、ず〜〜っとクローゼットや押入れに入れたまま状態ならば、供養した方がいいかもしれませんね。

我が家も雛人形が今年も出番がなく、押入れに入ったままです。

あ、お正月に飾る破魔弓や羽子板もありますね〜。

いざ、処分するとなると勇気がいります。

まとめ

子どものものを捨てる時って、ちょっと寂しいですよね。

体操服とか、靴とか、すぐには捨てられなくて何ヶ月も置いてたりするんです。

そんなことありません?

我が家では、私がものを捨てる時に「ありがとうございました」と、演歌歌手のように小さな声で言うのを子どもたちが聞いていて、すでに成人になった今でも使っていた物を捨てる時には「ありがとうございました」って言ってますね。

家族全員、演歌歌手です(笑)

自分のものだったらあっさり捨てるんですけどね〜。

だから節句人形を処分すると言うと、それだったら誰かに使ってもらいたい!って思うんですが、一人の子どもを守るのに精根尽きていると言う話を聞くと、やっぱり「ありがとうございました」とゆっくり休んでもらうためにも供養するのが一番いいようですね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

家族愛
スポンサーリンク
mietyをフォローする
マイナスからの大逆転ブログ

コメント