五月人形は誰が買う?揉めずに購入するにはどうしたらいい?

家族愛

初節句を迎えるにあたり、五月人形の購入を考える方も多いと思います。

そこで悩ましいのは、その五月人形を誰が買う?という問題です。

昔から東日本は父方の実家が、西日本は母方の実家が準備すると言われていますが、実際のところどうなんでしょうか?

もし、五月人形購入問題で両家がもめたら?実際の体験談も交えながら五月人形は誰が買うのか?についてお伝えします。

スポンサーリンク

 五月人形は誰が買う?地域別のしきたりをご紹介

冒頭でもお話しした通り『五月人形が誰が買うか?』については、地域によって違いがあります。

一般的には以下の通りと言われています。

北海道〜関東は父方の祖父母
 
西日本〜九州は母方の祖父母

これが正解です。

それはわかっていても実際には揉めるのよね〜

しきたりはしきたりとして理解していても、いざ初孫の顔を見てしまうと揉めてしまう家庭も多いようです。

そこで、今の時代の正解は!

両家からお祝いとしてお金をいただき自分たちで購入する

この手段を使っている夫婦が多いようです!

五月人形の購入で揉めずにうまくいったパターンをご紹介!

エピソード1

母方の祖父母に購入してもらいました!

五月人形の購入を夫婦どちらの実家にお願いするかを深く考えずに、私(ママ)の実家にお願いしました。

夫の実家には事後報告となりましたが、特に気を悪くした様子もなく安心しました。

それどころか、初節句に可愛らしいアンパンマンの五月人形をプレゼントしてくれて、気持ちが和みました。

2年後、娘が誕生したときには夫の実家から「お雛様は購入させて」と申し出があったので、遠慮なく購入していただきました!

 

日頃からのご両親との関係性も大きく関係するようですね!
事後報告となってしまっても、伝え方や感謝の気持ちの表現法などにも気を遣いたいものです。

エピソード2

夫婦で購入しました!

両家からお祝い金をいただき、夫婦で五月人形を選んで購入しました。

両親に購入してもらうと大きさとか豪華さとかが若い夫婦世帯には合わないような気がして、マンションにもおけるジャストサイズのものを購入。

結果、正解でした!両家からのお金で購入しているので、どちらの両親も『出資した』満足感があったようです。

実はこのパターンが一番多いようです。ここでもやはり大切なのは日頃からのコミュニケーションですね!

お下がりの五月人形を勧められて揉めるパターンも!どうする?

五月人形は高価なものから、そうでもないものまであります。とはいえ、そうでないものでも、やはりお金がかかるものです。

そこで、兄弟や親戚からのお下がりの五月人形を勧められるパターンも少なくありません。

ですが!これは、絶対に避けましょう。五月人形はお子様の健康を祝って購入するものです。

>>>>お下がりの五月人形がダメな理由を読んでみる!<<<<

その子だけの五月人形でなければ意味がありません。なので、新しく購入する!それが無理ならば購入しない!というのが正解です。

まとめ

五月人形は誰が購入するかは、ご両家の両親とよく話し合って決めるのが一番です。

●お祝い金をいただいて夫婦で購入する
●五月人形は夫の実家、雛人形は妻の実家という考えもある!
●どちらにしても両家の両親への感謝を忘れずに!

これが正解ですね!

そして、お下がりの五月人形は絶対にやめましょう。

お子様の健康を願う節句のお祝いは、家族みんなで笑顔で過ごせるようお祈りしております。

家族愛
スポンサーリンク
mietyをフォローする
マイナスからの大逆転ブログ

コメント