イヤイヤ期と赤ちゃん返りの違いって?この時期を乗り越えるためには?

家族愛

どうも、mietyです。

 

2歳から4歳にかけて、子育ての最初の山が来ます。

2人目の赤ちゃんを妊娠するママも多く、上の子どもにはいろんなストレスがかかってしまいます。

当然ママも子育ての難しさに直面する時期で、同じくストレスフルな時期に突入していきます。

上の子どもが急にわがままになってしまうのは、これは「イヤイヤ期」なのか「赤ちゃん返り」なのか、どう考えればいいのでしょう。

また、2人目の赤ちゃんを妊娠した時に、上の子どもが手がつけられなくなってしまったらどう対処したらいいのでしょうか。

今回は、上の子どもの「イヤイヤ期」と「赤ちゃん返り」の見分け方、対処法をお伝えします。

スポンサーリンク

「イヤイヤ期」と「赤ちゃん返り」の違いは分かるものなの?

「イヤイヤ期」は4歳ごろに見られる反抗期のことです。

自我が目覚めて、さらに言葉がしっかり話せるようになったことで自己主張ができるようになった証拠です。

「あれが嫌!」「これも嫌!」「あれがしたい!」「これがしたくない!」など支離滅裂に主張してきます。

これが第1反抗期です。

初めて見る我が子の反抗する姿に、ママだけでなく家族中が振り回されてしまいますよね。
こんな大変な思いをするのか!と、改めて自分の親に感謝することでしょう。

でもこの「イヤイヤ期」が終わっても反抗期は次々にやってきます。

我が子が小さな怪獣と化す、一見にして一番厄介そうな「イヤイヤ期」ですが、実は子育てが進むにつれて実感することは、「イヤイヤ期」が一番微笑ましいものだったということです。

 

「赤ちゃん帰り」は甘えです。

自分に注目を集めようと、すでに自分でできることなのに出来ないフリをしてママを困らせたり、わざと赤ちゃん言葉を使ってベタベタしてきたりします。

他人の子供だと大目に見れるこんな行為も、我が子となるとちょっとイラっとしますよね。

せっかくトイレも自分でできて、ご飯も自分で食べることができるのに、また「できない!」と言われると子育てが振り出しに戻ったような気がします。

特に、第2子を妊娠していると、この「赤ちゃん帰り」したくなる気持ちがむくむくと膨らむようです。

さらに、赤ちゃんがママに抱っこされているのを見ると、嫉妬心やこれまでの環境とのギャップに押し潰されてしまうんでしょう。

面白いとは思いませんか?

誰も教えないのに、ママの愛情を独り占めするにはみんなが「赤ちゃん帰り」をするんですから。

これは、幼児の本能なんですね。

 

 

「イヤイヤ期」も「赤ちゃん帰り」も解決策は同じ

「イヤイヤ期」も「赤ちゃん帰り」もどちらも解決するには、愛情しかありません。

子どもの気持ちを落ち着かせるのには、たっぷりの愛情を持って接することしか解決策はありません。

もし、「イヤイヤ期」も「赤ちゃん帰り」もどんどん酷くなるのは、子どもの気持ちが満たされていない証拠です。

つまり、愛情が足りていないことを表しています。

でも、ママも下の子どもがいたり、家事が忙しかったりと多忙を極めていますよね。
4歳くらいではそんなママの事情を理解できるはずがありません。

「ちょっと待って!」って言ってしまっても大丈夫です。

フォローをすればいいのです。
ママに余裕がある時に、ぎゅっと抱きしめから、ちゃんと目を見て「大好きだよ!」って言ってあげればいいのです。

1日に何回か、こうやって抱きしめてあげるだけで子ども欲求は満たされていきます。
足りなかったら、また抱きしめる・・・この繰り返しです。

「お姉ちゃんらしくて偉いね!」とか「お兄ちゃん優しいね」などよりも、無条件にあなたが好きなんだ・・・ということを伝えてあげてくださいね。

今のママの愛情が、将来子どもにどれだけの良い影響を与えるか分かりません。

愛情以上の教育はありませんから。

 

ママの愛情のかけ方将来の親子関係に大きく関係する

親子関係は家族によって様々ですよね。

あなたが思う理想の家族とはどんな感じですか?
やはり仲の良い、いつもお互いのことを思いやっているような家族が理想だと思います。

そうなるためには、優しい気持ちを持った子どもに育てなければなりません。
いくらお勉強ができて、素晴らしい学校を卒業してくれても、優しくなければ意味がありません。

そう思いませんか?

そんな優しい大人になってもらうためには、たっぷりの愛情が必要です。

愛情に満たされている子どもは、他人に対しても愛情を与えることができるのです。

 

見返りを期待するのではありませんが、あなたの愛情が将来あなたへの愛情に変わって帰ってくることを覚えていてくださいね。

 

まとめ

子どもの成長とともに親も成長すると言いますよね。

4歳の子どもの親も、やはり親として4歳なんです。

 

「イヤイヤ期」や「赤ちゃん帰り」に直面すると、4歳児ママとしては戸惑ってしまいます。

そんな時には、一人で抱え込まずに悩みを誰かとシェアしてしまいましょう。

きっと、悩んでいるのは自分だけじゃないと分かると気持ちが軽くなりますよ。

 

最後までお読みください、ありがとうございました。

 

家族愛
スポンサーリンク
mietyをフォローする
マイナスからの大逆転ブログ

コメント