食洗機に食器をうまく入れられない!効率よく使うにはどうしたら良いの?

家事愛

食洗機を持っているけど使っていない人って結構いますよね?

その理由としては・・・

食器の入れ方がわからない
入らない食器は手洗いになるので、結局全部手洗いしてしまう
食洗機に入れても良い素材とダメな素材の見分けが面倒

などの理由があります。

せっかく便利な食洗機、本当はもっと使いこなしたい!と思っているあなたへ。

今回は、食洗機の賢い使い方についてお伝えします。

スポンサーリンク

食器の形がマチマチでスッキリ収まらない!

食洗機の内部は細かく間仕切りがしてあって、大皿を入れる場所やお茶碗を入れる場所がほぼ決まっている構造になっています。

説明書を見ると、綺麗に食器が並べられたスッキリとした庫内の写真が掲載されていますが、実際にはそんなに綺麗に使うことはできません。

小皿あり、大皿あり、お茶碗も大小さまざまですよね。

そうなると、庫内に食器を入れるだけで悩んでしまってませんか?

食洗機に上手に食器を入れる方法は、あまり神経質にならないこと!

これに尽きます。

ザックリとした回答ですが、画像通りに綺麗に食器を並べていては、思うように使いこなせません。

そういう私も食洗機派です。
タイプは卓上の後付けタイプの食洗機です。

私の食洗機への食器の入れ方は次の通りです。

✓小皿は隙間に入れこみます。
✓調理用の木ベラやら包丁はカトラリー立てには入れず、トレイに寝かせて入れています。
✓コップは手洗いにして、コップスペースにもお皿を寝かせて入れています。

こんな風に、慣れてくると入れ方は無茶苦茶です。

コップは手洗い・・・ですが、コップは使用頻度が高いので、夜中まで食洗機の中に待機させておけないので、手で洗います。

食洗機に入れやすい食器を選ぶ!

食洗機には、4人家族用とか6人家族用などキャパ (キャパシティ:容量) が決められていますよね。

我が家は4人家族なので、当然購入時には4人家族用を購入しました。朝食は食器が少なめなので、お昼の分と一緒に食洗機で洗うことが多くて、夜は夕飯時に使った分だけで夜中に食洗機を稼働させています。

ただ、来客があったり、使った食器の数が多くなってしまうこともよくあります。すると、たちまちキャパオーバーとなるわけです。でも、来客があったり食器の数が多くなってしまった時こそ食洗機を使いたいですよね。

そんな時には食器を食洗機に合わせます。

食洗機に入れやすい食器とは、平皿ですね。

深皿だとお皿のカーブ部分が出っ張って他の食器が入れづらくなります。

なので、食器同士がぶつかりにくい平皿を多く使うようにしています。

大きな平皿の大きなお皿を食洗機に立てて入れると、その隙間に小皿1枚くらいは入ります。

食洗機に合わせて食器を購入する

食洗機が、あなたの生活で重要だと思ったら、食洗機に入れやすい食器を購入するという方法もあります。

先ほど、食洗機に入れやすい食器を使う!というお話をしましたが、それならば、今後食器を買うときは食洗機に入れやすいものを選びましょう。

あまり深くないお皿を購入しておけば、食洗機にも入れやすいですよ。

例えばこんなお皿はいかがでしょうか。

シンプルでお料理がよく映えます。

深さがないので重ねやすいのが嬉しいデザインです。

サラダボウルもこのくらいの深さだと食洗機に入れやすいですよ。

お茶碗としても使えます。

夫婦茶碗と子ども用のお茶碗を分けて使っているのであれば、こんなボウルに統一してしまえば収納もしやすくなります。

食洗機に入りきらないお鍋や食器は結局手洗い?

残念ながら、大きなお鍋や食器などは、どうしても手洗いになってしまいます。

じゃ〜やっぱり食洗機なんて使わずに、全部手洗いにした方がいいのでは?なんて思いましたか?

それでも、食洗機でほとんどの食器を洗うので、多少の手洗い物が出ても、かなりの家事時間の時短になります。

お鍋や大きな食器を洗うのにそれほど時間はかかりません。
お鍋なら食事中に洗剤を振りまいておけば、あとはささっとすすぐだけで済みます。

例えばこんな食器洗い洗剤で、ささっとスプレーしておくと、あとで洗うのにかなりの手間が省けますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジョイミラクルクリーン泡スプレー 本体(300mL) 2種類から選べる
価格:375円(税込、送料別) (2019/7/8時点)

楽天で購入

油を浮かせてくれるので、すすぐだけでOK。

よほど汚れがひどいときは、スポンジでスッとこすればすぐに洗いあがります。

食洗機で節約できる時間と水量を知ってますか?

食洗機が手洗いよりも水道代や、ガス代などの光熱費が節約できることはよく知られています。

でも、実際にどのくらい節約できるかご存知ですか?

年間光熱費はどのくらい?手洗いと食洗機を比較!

食器を全て手洗いにした場合の光熱費は?

ガス81.62㎥、水道47.45㎥ ( /1年間) = 約25,510円

食洗機で洗った場合の光熱費は?

電気525.20kWh、水道10.80㎥を使用  (/ 1年間 ) = 年間約16,640円

約8,870円の節約になります!

食洗機の設定にもよりますが、大体の参考としてご覧ください。

食洗機は電気代がかかりますが、電気会社との契約で安く電気が使える時間帯を選べばさらに節約できます。

水道代は手洗いではできないくらいの節約ができています。

こまめに水道を止めて洗えば、さらに節約はできたとしても、食洗機には敵わないでしょう。

節約できて、家事負担も大幅に削減できるとなると、食洗機は使わないともったいないですよ。

後付けの食洗機には工事不要のものもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エスケイジャパン 工事がいらない 食器洗い乾燥機 Jaime ジェイム SDW-J5L-W ホワイト
価格:30500円(税込、送料無料) (2019/7/8時点)

楽天で購入

少し小さくなりますが、ご夫婦だけ、単身家族であれば、十分使えますよ!

まとめ

便利だけど、食器の入れ方がわからない、洗い上がりが心配などの理由で使わない食洗機があるのであれば、ぜひ使ってみてください。

食器の入れ方にルールはありません。

もし、洗い残しがあったら、そのときは入れ方を工夫すれば良いのです。
そうしているうちに、自分なりの食器の入れ方がわかってきます。

最近の食洗機は、多少食器が重なっていても隙間から水流が入り込んで綺麗に洗いあがっています。

私が食洗機を購入したのは、8年前です。
当時の食洗機でも、重なり合った食器の汚れを綺麗に洗い上げてくれています。

もう食洗機なしの生活は考えられないですね。

ぜひ、あなたも食洗機を使いこなしてくださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうとざいました。

家事愛
スポンサーリンク
mietyをフォローする
マイナスからの大逆転ブログ

コメント