洗濯物の酸っぱい匂いを取る方法って?簡単な方法が知りたい!

家事愛

毎日洗濯しているのに、いつの間にか服やタオルに酸っぱい匂いがついてしまうことってありますよね。

生乾き臭との言うあの嫌な匂い。

サオリ
サオリ

他人にも臭いで不快感を与えてしまわないか心配!

洗い立てのTシャツを気持ちよく着ようと、襟口に頭を通した途端に「つん!」と臭うあの不快感にはがっかりします。

すぐに脱いで、また洗濯するけど結局取れない!
お気に入りの服でも泣く泣く処分したと言う人も多いはず。

あれって、本当に取れないんでしょうか。

長時間煮沸すると取れると言う話も聞きますが、もっと手軽な解決法が知りたい!

そんなあなたのために、今回は洗濯物についてしまった、あの酸っぱい生乾きの臭いを簡単に取る方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

洗濯物についた生乾きの臭いを簡単に取る方法が知りたい!

生乾きがついた洗濯物は、洗う前に酸素系漂白剤に漬け込んでから洗うと臭いが取れます!

店頭でよく見かけるのは、「ワイドハイター」です。

液体であれば、お湯に浸した衣類に直接かけて一晩つけ置きしておきます。

粉末タイプであれば、お湯に溶かして、その液体の中に衣類を一晩浸しておきます。

この時の最大のポイントは、水ではなく『お湯』(50度くらいの熱め)を使用することです。結構熱めのお湯に1時間ほどつけるか、お湯が冷めるまでつけ置きして、その後に普通に洗濯してください。

液体ワイドハイターと粉末ワイドハイターの違いは?

【液体ワイドハイター】

液体ワイドハイターの主成分は過酸化水素です。酸性系洗剤になります。ウールや絹、色柄ものにも使えますが、しっかりと汚れを落とすためには洗濯用洗剤と一緒に使うことをオススメします。
液体なので溶かす手間がなく、シミや汚れに直接つけることができ、そのまま洗濯機に入れて洗うことがでるので手軽です。

【粉末ワイドハイター】

水に溶かしてつけ置きして使うタイプです。
主成分は過炭酸ナトリウムで、溶かした液は弱アルカリ性なのでウールや絹には使うことができません。
洗剤と併用しなくても単独で漂白効果を発揮します。

カレン
カレン

粉末タイプのワイドハイターを使うときには、素材に注意してくださいね。

洗濯機に洗濯物を詰め込みすぎないことが大事

生乾きの臭いの元は、洗濯物の汚れが落ちきれていないことから、皮脂汚れなどの蓄積から臭いが発生します。

しっかりと洗濯物の汚れを落とすためには、洗濯機に洗濯物を詰め込まないことが大切です。

たっぷりの水で、洗濯機の中で衣類などを泳がすような感じになるようにしましょう。

洗濯物が多い時は、面倒でも数回に分けて洗うことをオススメします。

洗濯物は素早く乾かすことが大切!

衣類が濡れた状態になっている時間が長ければ長いほど、菌が増殖して生乾き臭が発生してしまいます。

雨の日に室内干しをするときには、浴室乾燥機や除湿機、扇風機など手元にあるものを活用して、素早く乾かすようにしましょう。

ヨシノ
ヨシノ

扇風機なら電気代も1時間1円ですよ。

室内干し用の扇風機もあって、1台持っていると便利ですよ。

これなら首振りがランダムに動くので、室内に広げている洗濯物にまんべんなく風を送ることができます。

除菌消臭スプレーは生乾き臭を消してくれる?

スプレーをすると除菌されて洗濯したような爽快感が得られることで人気の除菌消臭スプレーですが、これって生乾き臭にも効くのでしょうか。

ファブリーズや、リセッシュなどの除菌消臭スプレーには「第四級アンモニウム塩」「逆性石けん」といった除菌成分が含まれていて、これらは効果のある成分です。

でも、なぜか好みが分かれていて、除菌消臭スプレーを濡れた衣類にかけると余計に嫌な臭いがすると感じる人もいます。

サオリ
サオリ

除菌消臭スプレーを洗濯物に使いたいときにはどうすればいいの?

除菌消臭スプレーを洗濯物の臭い消しに使う場合は、衣類やタオルが濡れているときにスプレーしましょう。

生乾きの臭いの原因は、モラクセラ菌です。

このモラクセラ菌は、濡れた状態の衣類に発生し、湿った状態が続く限りすごい勢いで繁殖してしまいます。

このモラクセラ菌を防ぐためにも、濡れている状態の時に除菌消臭スプレーをふりかけて菌の増殖を抑えるわけです。

カレン
カレン

除菌消臭スプレーを選ぶ時は、衣類用を選びましょうね!

注意!!

洗濯物が乾いて、その時には臭いが消えているようでも、汗や雨などに濡れると再び臭いが戻ってくるときがあります。
それは、皮脂汚れがしっかりと落ちていない証拠です。

 

部屋干し用の洗剤は普通の洗剤とどう違うの?

室内干しにした時の生乾きの臭いを防ぐために、洗剤も色々と進化をしてきました。

最近では、室内干し用の洗剤と屋外干し用の洗剤がありますよね。
でも、あれって洗い上がりに違いがあるのでしょうか??

室内干し用は、やはり生乾きの臭いの発生を抑えることに特化された洗剤なので、若干漂白効果が高めになっています。

室内干し用洗剤を使っても、外干しすることはできますが、色柄モノは色褪せに気をつける必要があります。

たくさん種類があるけどオススメはどの洗剤?

ズバリ!アリエールがオススメです。

私の経験上、室内干し、外干しとも臭いがしません。

他の洗剤よりも若干お値段がお高めですが、汗をかいた後や、半乾き状態でも生乾きの匂いがしないので、オススメです。

洗剤の買い替え時期が来たら、ぜひお試しくださいね。

洗濯機の清掃もお忘れなく!

生乾きの臭いが気になるとき、衣類の選択法や洗剤の選び方にばかり気を取られがちですが、洗濯機の清掃も忘れないでください。

洗濯槽のクリーニングは月に一度程度は、専用の洗剤で行ってください。

ごみ受けは使うたびに掃除をし、排水口は半年に1度くらいはするようにしてください。

まとめ

生乾きの臭いは一度ついてしまうとなかなか取れないし、着ていても周りに臭いに気づかれているのでは?と落ち着きません。

現に、街を歩いていても生乾きの臭いをプンプンさせて歩いている人とすれ違ったりします。

あれって、本当に嫌な臭いでそんな臭いを着ている人を気の毒に思う反面、迷惑だな〜とも感じてしまいます。

それがもし我が身だったら?

友達や同僚に臭いで迷惑をかけるなんて、本当に嫌ですよね。
それに、一度そういう臭いに気づかれてしまうと、生乾きのイメージを背負ってしまうことにもなりかねません。

しっかりと漂白剤や洗剤を選んで、洗いたての気持ち良い衣類で過ごしてくださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

家事愛
スポンサーリンク
mietyをフォローする
マイナスからの大逆転ブログ

コメント