味噌汁の賞味期限は?常温保存できる期間は?酸っぱくなったら廃棄?

家事愛

あなたは味噌汁を毎食作り替えますか?それとも夜作った味噌汁を朝食に残しておいたり、またその逆だったりしますか?

どちらにしても賞味期限が気になりますよね。

味噌という保存食を使う料理とはいえ、夏場の暑い時や冬の暖房が効いた部屋での保存など「これ、大丈夫かな?」なんて思ったこともあると思います。

今回はそんな気になる味噌汁の賞味期限と常温保存できる期間、また酸っぱくなった味噌汁は廃棄すべきなのか?などについてお伝えいたします。

スポンサーリンク

味噌汁の賞味期限は?

味噌汁の賞味期限にはっきりしたものはありません。それは保存方法や作り方に大きく左右されるからです。

味噌汁は朝食で飲むために調理する人が多く、鍋で作ってから余って分は夜までそのままという場合も少なくありません。

夏の暑い時期の常温保存は、気温が上がり味噌汁が傷むのも早いです。反対に冬場は少し遅くなります。

また使用する鍋やお玉といった調理器具の衛生状況にも左右されるため、賞味期限は1日と考えておいた方が無難です。

味噌汁を常温保存できる期限は?(夏と冬)

朝作った味噌汁は常温保存する人もいますが、夏場は半日程度で傷んでしまうこともあります。

それは雑菌が繁殖して傷みやすくなるからという理由と、食材自体が傷んでしまうという理由からです。


反対に冬場は少し室温も下がるので、夏場よりか常温保存が可能ですが、それでも一日程度であると理解しておきましょう。


また鍋からお椀に入れる時のお玉は毎回洗った清潔なものを使用しましょう。鍋の横に置きっぱなしは、雑菌繁殖の原因になります。

味噌汁は酸っぱくなったら廃棄?

Little, blond boy is eating a piece of a lemon in front of black background and making a facial expression.

味噌汁を作ってすぐでも、熟成しすぎたみそを使用したり、出汁の鰹節を煮出しすぎたりすると酸っぱさが出てくることもあります。

しかしこの場合の酸っぱさは、作る過程の問題でもありますし、味噌汁を作ってすぐなので食べても問題ありません。


しかしながら、半日から一日おいた味噌汁が酸っぱい時には注意が必要です。

味噌汁自体が傷んで酸っぱくなっていることもあります。

また中の具材である豆腐やなめこといったものが傷んで酸っぱくなっているものもあるからです。

味噌汁で日持ちする具材は?

味噌汁の具材で比較的日持ちするものは、根菜類だと考えておくといいでしょう。

例えばゴボウやレンコンは長持ちするので味噌汁には向いています。また大根も比較的傷みにくく、味噌汁の具材に適しています。


更に味噌汁でよく使用されるわかめや玉ねぎといった具材も長持ちします。

豆腐やジャガイモも欠かせないものの一つですが、豆腐もジャガイモも傷みやすいので日持ちさせたい場合には入れないほうが良いでしょう。

まとめ

味噌汁は1日で食べ切ることが一番良いようです。

少しでも長持ちさせようと思ったら、具材に注意したり、時には使う調理器具にも気を使った方が良さそうですね!

できるだけ冷蔵保存をして、1日で食べ切る!これに越したことはありません。

美味しく、安全に味噌汁をいただくためのヒントになれば嬉しいです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

家事愛
スポンサーリンク
mietyをフォローする
マイナスからの大逆転ブログ

コメント