50歳代女性の転職に資格が役立つ!各合格率と受験年齢層は?

仕事愛

実は、50歳代ってお金が一番無い年代なんです。

その人の生活環境にもよりますが、50歳代で子どもが大学生ということになると、学費や仕送りでお金がいくらあっても足りないような生活です。

そんな時に、主婦が考えることは扶養範囲内で仕事をしていても、生活は全く潤わないし、だったら今からフルタイムで働いてみるのもいいかも?ということを考えがちです。

でも、年齢的に就職は難しそう・・・

いっそ、時間がかかっても資格を取得すれば理想の仕事環境を手に入れることができるかも?と考えたりしませんか?

この記事を読んで分かること

50歳代で資格取得は無謀ではない?

50歳から取得できる資格ってどんなものがあるの?

資格を取った後は就職?開業?どちらが得策なの?

今回は、50歳代からの資格取得と、取得した後のお仕事の形態についてお伝えします。

50歳女性にこそお勧めしたい!50歳代はブログ世代!50歳女性こそブログを始めよう!リビングで稼ごう!

スポンサーリンク

50歳代で資格取得は無謀ではない?

実際、50歳から資格を取得となると、やはり無謀な挑戦と片付けられてしまうのでしょうか。

無謀と思えば無謀になってしまいます。

勉強を始めるのに年齢は関係ありません。

50歳で資格を取る上で、一番の弊害は自分自身なんです。

「今更資格なんて取れるわけがない」と思ってやめてしまうことが一番の敗因となるわけです。

結局は、何もせずに終わってしまい、描いていた理想の自分からどんどん遠のくことになるわけですが、そうさせているのは自分だということ。

それって、怖いことですよね。

人間、動き出すと道が開けるということを感じたことはありますか?

子どもの頃、夏休みの宿題がいつまでもできなくて、でも、本当はできなかったのではなくてやらなかったんですね。

厄介だった自由研究のテーマ探しも、「やらなきゃ、やらなきゃ」と思いつつ、何もしなかったから、結局は夏休みの最終日まで手付かずに終わってしまっていたわけです。

あれって、「やろう!」と決めて、テーマを探し始めたら2〜3個思いつくんですよ。

やってみたら、案外あっさり終わったりして、こんなことならもっと早くやり始めればよかったと思うんですよね。

※50歳からやり直せる人生。こんな方法はいかが?もしかしたら夫より稼げるようになるかも?50歳からでもやり直せる?人生を大逆転できる方法とは?ご興味なる方は、お読みくださいませ〜♪

司法試験の最年長合格者は毎年50歳代

司法試験の合格倍率は25%前後です。

最年少で合格すると、結構話題になりますが、実は60歳〜70歳の合格者もいるんですよ。
それを考えると50歳なんてまだまだ若いのです。

結局は、やろうと思っても無理だと諦めてしまって最後までやり解けていない人の方が多いから、そんな人が「50歳で資格取得は無理」などと言っているのを聞いてしまうのです。

やり始めたらいろんな情報が集まってきます。

どんな資格でも最年長合格者はいるわけですから、自分がその人になると思ってやればいいのです。

※50歳の可能性はまだまだある!ダイエットだって諦めないで〜。50歳女性のダイエットは食事・運動・美意識をトータルに考えて!ご興味のある方はどうぞ〜。

50歳から取得できる資格ってどんなものがあるの?合格率は?

資格を取るためには、まずどんな資格があって、その資格があればどんな仕事に就けるのかをしっかりと調べておく必要があります。

知らないだけで、意外と得意分野の資格があるかもしれませんよ。

通訳案内士試験

私も挑戦したことがあります。
英語で唯一の国家試験です。

英語の他にも、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語があります。

これを取得すれば、民間の外交官とも言える通訳ガイドの仕事をすることができます。
通訳ガイドはたくさんの外国人の団体ツアーから個人ツアーなどで、通訳しながら各観光地の案内をするお仕事です。

この資格があれば、翻訳通訳などの仕事にも自信を持って応募することができます。

通訳案内士試験の合格率

通訳案内士の試験は、1次試験で選択言語の試験と歴史、地理、一般常識の試験を受けます。
1次試験合格者は、2次試験として選択言語での口述試験を受験します。

平成30年度は最終的に全言語(上記参照)で合格者数が753人、合格率9.8%でした。
英語は最終合格者数が584人、合格率10.1%で、ややハードルの高い試験となっています。

選択言語が英語の場合、英検1級を取得しているのであれば英語の試験は免除されます。
歴史と地理、一般常識を勉強すれば合格は近いものと考えていいでしょう。

ちなみに、歴史、地理、一般常識はマークシート問題です。

試験会場を見渡してみると、老若男女問わず受験されています。

中小企業診断士

中小企業診断士は、「日本版MBA」とも言われており、経営コンサルタントとしては唯一の国家資格です。

経営コンサルタントとして実務経験は必要ありません。
とはいえ、簡単な試験でもありませんが、社会的にも高く評価される資格です。

中小企業判断士の資格があれば、転職祝い金を出す企業もあるくらいです。

コンサルタントとして働かなくても、キャリアアップには繋がる資格です。

中小企業診断士の合格率

中小企業診断士の試験の1次試験は、「経済学・経済政策」「財務・会計」「企業経営理論」「運営管理」「経営法務」「経営情報システム」「中小企業経営・政策」の7科目です。

2次試験は、企業の「事例」が2〜4ページほど提示され、それに関する質問が4〜5問出題されます。制限時間内に決められた文字数で文章を作成しなければなりません。質問の意図にそっと解答が求められます。口述試験も実施されます。

1次試験と2次の筆記試験の合格率はそれぞれ20%前後です。
受験者数も毎年安定しています。

中小企業診断士は受験資格に制限がなく、職業も年齢も不問なのでいろんな経歴の人たちが受験し、合格しています。

管理業務主任者

管理業務主任者は、国家資格です。

マンションの管理組合等に対して、専門知識を持ってマンションの管理や、管理委託契約に関する重要事項の説明や管理事務報告を行うのがお仕事です。

宅建の資格と合わせると、就職に有利になります。

管理業務主任者の合格率

合格率は約20%台です。
この試験は、マンション管理士の資格保有者は1部試験が免除されます。

合格者の平均年齢は44.4歳です。そのうち最高年齢は男性の81歳で、最低年齢は18歳(男女とも)ということなので、非常に幅広い年齢の人たちがこの試験に挑戦しています。

81歳という年齢を聞くと、勇気が出ますよね。

宅建

不動産取引をする際に必要になる国家資格です。不動産会社の経営には従業員5人につき1人の割合で宅建資格取得者が必要になります。

宅建は、年齢・性別・学歴・経歴に制限がなく、誰でも挑戦できる国家試験です。

賃貸物件、売買物件をお客様に紹介する際、その土地や建物に対しての正しい知識が必要になってきます。それらの専門的な知識を持って、詳しい説明ができるようになるための資格です。

宅建の合格率

宅建の合格率は約15~17%です。
試験は50点満点で、全体の問題数の約70%以上に当たる約35点前後を取得できれば合格できます。

宅建業法、権利関係、法令上の制限、その他の法令の4科目の試験が実施されます。

宅建は30代の受験者が非常に多い試験です。
最高年齢は80歳、最少年齢は16歳と、こちらも幅広い年齢の方が受験されています。

登録販売者

国家資格としては、比較的新しい資格です。

薬剤師ではないのですが、一般用医薬品の販売ができる専門家として、ドラッグストアではひくてあまたのお仕事です。

登録販売者の資格があれば、資格手当が考慮され所得アップも望めます。

登録販売者の合格率

登録販売者試験の合格率は、全国平均で約43.5%です。
都道府県によって若干変動があるのは、地域によって試験内容が異なるからです。
年齢は、実務経験などの受験資格の制限はありません。
どなたでも受験できる国家試験です。
お仕事先はドラッグストアやコンビニなので、自宅近くで勤務できる可能性が高いですよね。
仕事内容もお薬に関することなので、知識があれば年齢は関係ないことが分かります。

調理師免許

「調理師」と呼ばれていて、調理に関係するお仕事ができる国家資格です。
この資格があれば、試験を受けなくても食品衛生責任者として登録できて飲食店の開業が可能になります。

ただし、調理師免許を取得するには2年以上の実務経験が必要になります。
すでに調理補助として実務経験をお持ちの方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

調理師免許の合格率

過去10年間の全国平均合格率は60.5~64.4%です。
国家試験としてはハードルの低い試験と言えます。

調理師免許受験に必要な実務経験とは?

①調理補助といった直接調理に携わる仕事の経験がある。
※ウェイターや皿洗いなどは実務経験に含まれません。
②週に4日以上出勤し、1日6時間以上の勤務が必要。
※日数と時間数は両方必須です。
③上記条件で2年以上継続する。

試験自体はそれほど難しいものではないのですが、受験の条件が少々時間を要します。

まとめ

50歳を過ぎているから国家試験は無理と考える必要はありません。

むしろ、50歳を過ぎているからこそ国家試験に挑戦すべきです。

子育ても一段落しているけれども、子供の教育資金が一番必要な年代なので、低い時給で長時間労働するよりも、多少遠回りをしても国家試験を取得して高収入を得た方が得策です。

これらの国家試験はごく一部です。
ご自分の得意な分野で取得できる資格はないか調べてみるといいですね。

仕事愛
スポンサーリンク
mietyをフォローする
マイナスからの大逆転ブログ

コメント